So-net無料ブログ作成
検索選択

コダクロームの思い出とともに・・・ [カメラ機材]

思い入れの深いKodachromeが長い歴史に幕を下ろすことになったそうです。
とても寂しいことです…

ちなみに昨晩、こんな夢を見ました。
とっても綺麗な景色の場所に撮影に来たものの、カメラバッグを見るとコダクロームが1本しか入ってない!
どうしよう! 売店にはVelviaくらいは売ってるかなぁ?
と思ったところで目が覚めた・・・

我ながら、呆れてしまいました。
ちなみにカメラはF4でした。(リアルな夢だ・・・)

コダクロームの独特な厚みは、何物にも代えがたいものがありました。
私が写真始めた当時は、プロはPKR(コダクローム64プロ)という不文律がありましたし。



さて私、コダクロームの思い出とともにカメラ機材も思い入れの深いものがあります。
そしてマクロレンズを買ったらやってみたかったのが「機材撮影」。
ついにNikon60㎜マクロを買ってしまいましたので、実行してみました。
いったいRACはどんな宝の持ち腐れを所有してきたのか、暴露する時が来たようです。

まず第一回目の今日は2台のカメラを紹介します。

その1:Nikon FE
DSC_3940_DXO2.JPG
私の写真生活、いやむしろ人生そのものかもしれないカメラ。正確には父親のカメラです。

私の成長記録のため、父親が職場のハイアマチュアの方に相談して買ったカメラだそうです。
レンズも28㎜・50㎜・135㎜と、いかにもハイアマチュアの方らしい素晴らしいチョイスです。
小学生の頃までの私の成長記録は、ほとんどこのカメラによるものです。

中学生の時、青春18キップで日帰り旅行に行くことになりました。この時に初めてこのカメラを持たせてもらったのです。これが写真にのめりこむきっかけでした。この傷はあの時に線路を歩いていてこけた時の傷だ、などと思い出いっぱいのカメラです。

心地よいシャッター音・軽いシャッターダイヤル・軽くて小さいボディ・追針式で見やすくわかりやすい露出計。
どこをとっても、ほぼ完璧です。あえて欠点を言うなら、SS最高速が1/1000しかない・視野率が100%ではないといったところでしょうか。(高校時代はFE2が欲しかったのですが、すでにプレミアム価格が付いており・・・)

何度か追針式メーターの針が飛んで修理したりしましたが、今でも現役です。
ちなみにつけているグリップは最近見なくなったUSA製のFM-GRIPというものです。


その2:Nikon F-801
DSC_3941_DXO2.JPG
「僕は 一瞬は 長いと 感じた」というCMで有名になったカメラです。(世界初1/8000シャッター搭載)
自分が投げたブーメランで頭上のリンゴを割るCMにやられました! 知らない方はYoutubeなんかでF-801で検索してみてくださいね。すごいCMですから、一見の価値あり。

当時高校生でしたが、FE1台では不満を感じておりました。
周辺の友人はEOS650などを買っており、AFカメラに憧れを感じていました。本当はF4が欲しかったのですが、到底買える値段ではありませんでした。

そこで物品税(懐かしい!)が廃止され、消費税が導入されるとカメラがお買い得になると聞き、レンズ資産もFEのものがあったのでNikon F-801を購入しました。

同時に買ったレンズはTokina28-70㎜・f2.8。当時のニコンには35-70f2.8しかなく、広角重視のためにこのレンズを選びましたが、とにかく重いレンズでした。しかし・・・F-801のAFはEOSとは比べ物にならないくらい遅れていたので、私にとってのF-801はモードラ(死語)内蔵のMFカメラ状態でした。

残念ながら近年は巻き上げ不調になり、現役引退させましたが、それでも甘酸っぱい高校生活がすべて詰まった、思い出のカメラです。高校時代は新聞部の部長をやってましたが、写真販売を行った文化祭・体育祭の撮影ではずいぶん稼いでくれました。

今でも一番手に馴染んでいますね。


さて、これからは時々このような記事を書いてみたいと思います。


皆さんはどんなきっかけで写真を始められましたか?
どうしてそのカメラを選びましたか?
ぜひ思い出・思い入れとともに教えてください!

nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 10

がぁこ

名機お宝がいっぱい~~♪
あまりフィルムの事はわからないんですが
コニカミノルタの一眼ならあります^^;
だからデジイチも最初はαにしようかと思ったんですよ~^^
それか、、、、、CanonのX2(≧∇≦)ブァッハハ
でも渋いNikonにしてよかったで~~す(´ー`)ノ
写真はブログ始めてなかったらたぶんここまでハマってなかっただろうなぁ。。
by がぁこ (2009-06-25 00:59) 

RAC

がぁこさん
こんばんHA!
フィルムカメラ、これだけでは終わらず、まだまだ(笑)あるのですよ。
完全にコレクター化してきています・・・ダメダ~
コニミノの一眼? α-sweetですかね? α900とかもいいじゃないですか!
キヤノンは私も何度も乗り換えようとしてきたのですが、ニコンのレンズ資産のことを考えると思いきれずにここまで来てしまいましたよ。
まぁNikonはメカふぇちにはたまらん魅力はありますけどね。カメラを耐久消費財としてとらえてきた文化というか、そう云うものを感じますね。
でも5DmarkⅡは魅力的なのですよ!
ブログからハマられたというにはウマすぎますよ!  
しかも渋くAF利かないレンズ使っておられたりして。シブイネ!
いつもすげ~って思いながら見てます♪
by RAC (2009-06-25 01:43) 

てぷこだん

RACさんのカメラへの熱い思いが、文面からヒシヒシと伝わってきました。
お父様から譲り受けたカメラを今でも大切にもっているなんて感動です!

ボクは、カメラについての知識は皆無に等しいのですが、
撮る楽しさは最近覚えた感じです。
やはりブログを始めたのが大きいかもしれません。
沢山撮らないと上手くはならないというのも、
最近わかったような気がします。(←気付くのおそすぎるだろと!?)

これからもRACさんの素晴らしい写真、期待してます☆
by てぷこだん (2009-06-25 09:18) 

みどれんじゃー

すごいなぁ、これは。
みどは実は撮られるほうが好きでした^^
元上司がデジイチ導入に伴い、フイルム一眼がいらなくなって、
お下がりをいただいたのが始まり。
風景写真や動物写真が面白いって思い出したのなんて、
ここ2年位かなぁ。今はマクロを愛してる。
奥は深く・・・泥沼のように・・・このままはまっていくのかな(笑)
by みどれんじゃー (2009-06-25 12:58) 

RAC

てぷこだんさん
ども~。
いやいや、そんな感動的なもんでもないですよ♪
てぷこだんさんも写真撮りましょうよ~ デジタル一眼で。
デジイチは撮りまくっても財布が痛まないからおススメですよ!

みどれんじゃーさん
ども。 
撮られるの…私は苦手…タマシイも取られるから(笑)
おぉっとフィルム一眼から入られたんですね。 シブい!
マクロは私もついに購入したのですが、あれは女性のほうが向いてそうですね。
みんなで泥沼にはまりましょうよ~! と、沼の奥からお誘いしますよ~!
by RAC (2009-06-26 02:15) 

milk-k

初めておじゃまします。
素晴らしい写真、そしてアナログ世代の
名機達の活躍に感動しました。
今、フィルム一眼へ原点回帰中です。
by milk-k (2009-06-26 07:11) 

RAC

milk-k さん
はじめまして!
そんなに褒めていただいたりしたら恥ずかしいですよ・・・
しょぼい写真と、バカみたいに集めてしまった機材たちの溜り場です(笑)
フィルム、やっぱりいいですよね。
今後ともよろしくお願いいたします!
by RAC (2009-06-27 01:46) 

Ranger

確かにフィルムの個性を味わう時代でなくなってくるのは寂しいことだね
デジタルになると写す時のドキドキ感がすこし薄いかも^^;
by Ranger (2009-06-28 16:09) 

みかっち

値打ちのわからない私には、コメントしづらいけど、
みんなのコメントから、すばらしいお宝をたくさん持ってるってわかりましたっ!
私のフィルムカメラは、父の買った物で、
yashikaのmimy-sという、ハーフのカメラです。
子供の頃の写真は、これで撮ってもらってたと思う。 現役です~
デジタルカメラを始めたのは、R氏の一言がきっかけ(笑)
by みかっち (2009-06-29 19:41) 

RAC

Rangerさま
いつもありがとうございます!
そうなんです。フィルムがいーっぱい並んだ棚というのも見なくなりました…
あと、デジタルだとついつい「液晶見て、すぐ撮り直し!」みたいなスタイルで撮影してしまって…趣味のときくらいはドキドキしたいんですよね。
でも仕事だったら断然デジタルです♪

みかっちさん
まいど。そんなお宝じゃないですよ~!
中古カメラ屋で1万円前後の可哀そうなカメラたちです。
思い入れの分だけ価格上増しということで。
yashika mimy-sとはシブい。しかも現役とは!?
今度はぜひ作例を!
デジタル始めたのは・・・そうですか。 やはり♪
by RAC (2009-06-29 21:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。